スピリチュアル講座体験談

【口コミ体験談】第5回ELコーチングプラクティショナー講座のリアルタイム授業に参加してみた感想

私が参加したスピリチュアルカウンセラー講座は、いつでも家で受講できるオンラインと、都内で開催される対面リアル授業の2つがあります。

対面講座を受講する前に、予習としてオンライン動画を見ておくと良いということだったので、予習としてしっかりと勉強して、ある程度知識をつけてから、リアル授業に臨みました。

【第5回】ELコーチングプラクティショナーについて

今回は、座学中心の講座となります。
ビジネスをするうえで、コーチングという言葉はよく聞きますが、スピリチュアルなのにコーチング?と疑問に感じる人が多いと思います。

スピリチュアルの世界でコーチングを行うことで、相談者さん自ら、潜在意識の中にある夢をはっきりとさせ、その夢を実現するためにどうしたら良いかをどんどんと話し出すようになります。

カウンセリングや瞑想をするだけでは、実際の行動に結びつかないことがほとんど。

そんな中で、スピリチュアルとかけ合わせたコーチングを行うことで、相談者さんが、自身の願う幸せに、より早く近づくことができます。

ELコーチングをするうえで大事なこと

どのコーチングでも言われることですが、まずはクライアント様に信頼されることが大事です。
相手を一切コントロールしようとしないこと、そして、答えを先に言わないこと。

最初に出会ってから、短い時間で信頼関係を結ぶ方法を、たくさん教えてもらいました。

まず何よりも、信頼してもらえないことには話が先に進みません。

夢を語るだけではなく、今の現状も話してもらわないといけません。

自分の夢のことを話すのって意外と恥ずかしいし、現状がどんなに悲惨であっても、現状把握のために伝えてもらう必要があります。

相談者さんの恥ずかしいと思うようなことも、すべてお話いただくために、信頼関係をしっかりと構築する必要があります。

コーチングをしてはいけないタイプがいる

ELコーチングに不向きな相談者さん

コーチングをしっかりと機能させるためには、コーチングを施しても大丈夫な人を見極めなければいけません。

元々のスキルが高く、やる気もある、そんな人には、コーチングがばっちりとハマります。
上の図でいうと、右上の青色の部分の方です。

逆に、コーチングがうまく機能しないのは、やる気もなく、スキルもなく、自信もなく、構ってほしい、話を聞いてほしい、という方です。上の図でいうと、左下の緑色の部分の方です。

そういう方は、まずはカウンセリングが重要になります。
カウンセリング→ティーチング&コーチングという順番になります。

ここでいうスキルというのは、夢を達成するために必要なスキルなので、高度なパソコンスキルとか、そういう意味ではないです。

基本的に、やる気があるのであれば、学べば良いだけですから、そういう人がコーチングを受けても問題ありません。上の図でいうと、左上の黄色の部分の方です。

コーチングすることで、今の自分に欠けていること、次にやるべきことが明確になっていきます。

スキルだけが高くて、やる気がない方のほうが厄介かもしれません。
上の図でいうと、右下のオレンジ色の方です。
承認欲求が高く、プライドも高かったりします。

そういう方は、瞑想をすることで、なぜやる気が起きないのか、やる気が起きることはなんなのか、が明確になっていくはずです。

ELコーチングの進め方

ELコーチングの進め方としては、下記のようになります。

1.ゴール、目標を設定する
2.現状把握する
3.理想と現状のギャップを確認する
4.解決のために必要なことを確認する
5.行動計画を立てる
6.やる!とコミットする
7.ここまでで行ったワークの振り返りをする

具体的な手法については書くことができませんが、内容としては上記のような形で進めていくことになります。

すべてのワークを終えたあとには、自分のやるべきことが明確になっています。

ELコーチングを行うのは、一人では難しい

実は、リアルタイム授業を行う前に、オンライン講座を見ながら一人でワークを完了していました。

それで、今回リアルタイム授業で、先生に先導されながらコーチングを行ったのですが、事前に書いていたものと、今回書いたものとでは、最終的なゴール設定が全く異なっていました。

今回書いた最終目標は、お恥ずかしながら、私はぐうたら生活をしたい!ということになります。

学生の頃から、ほとんど毎日休みなく仕事をしているので、何も考えずにただぼーっとしたいんだなという本音が最終的に出てきました。

純粋に、寝たいときには寝て、美味しいものを食べて、誰に迷惑をかけることもなく、なんの不安もなく、死んでいきたいんですね。

そんな私の本音が最後にあらわれていました^^;

コーチングを一人で行うことは、視野を狭めることに繋がります。

自分は本当はどうしたいのか、どうなっていたいのか、そういうことを知るためには、しっかりとコーチングスキルを持った人に進めてもらう必要があります。

私は左脳的に考えてしまいがちなので、今回は、思ってもみなかった自分の夢が出てきてビックリしました。

ぐうたら生活をしたいという前に、温泉地を探し求めて探検するとか、美味しいものを作ってくれるシェフを探すとか、そういうことを求めていたりする自分がいました。

まとめ

スピリチュアルでコーチングする、というのは、なかなか面白い体験でした。

以前からコーチングというものに興味はあったものの、コーチングって、学ぼうとすると、覚えることがたくさんすぎるし、長い期間がかかるし、お金もかかるしで、遠ざけているものの1つでした。

実は、コーチングで成功しているのはライザップが代表的な会社。
結果にコミットして、着実に痩せるために行動するものなので、まさにELコーチングと同じ手法です。

自分で痩せる!と決めたからこそ、がんばれますよね。

誰かに言われて、「○○してください」と言われたらモチベーションが下がってしまいます。

自分で結果にコミットして、夢に向かって行動することが大事です。

その夢がそもそも見つからない方も、コーチングすることで見つけることができます。

ELコーチングは、短時間で、自分の夢や、やるべきことが見つかる手法であり、多くの人のお役に立てるスキルですので、マスターできて良かったです。

 

ライン友だちを募集しています!

大森レナのラインを友だちに追加していただけたら嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。