用語解説

大運天中殺中の結婚や過ごし方について【40代50代60代の方へ】

大運天中殺は20年間も続くため、不安になられる方が非常に多くいらっしゃいます。

どこかで算命学というものを知り、自分が大運天中殺中であると気づいた40代50代60代の方からのお問い合わせがとても多いです^^;

ろくな説明を受けずに不安だけ煽られて鑑定を終えられた方もいらっしゃいます…。

でも、大運天中殺は、年運天中殺とは全く異なります。
不安になることは一切ありません!

むしろ、大運天中殺があるということは、特別であって、素敵なことであるということを知ってもらいたいです。

この記事を読んで安心してもらいたいですし、運気を上げる過ごし方についてもお伝えしていきますので参考にしてくださいね。

年運天中殺についての記事は下記をお読みください。

天中殺を分かりやすく説明します!
天中殺期間中に起きることと、オススメの過ごし方この記事では、天中殺(てんちゅうさつ)期間中に起きることや、結婚や転職、引っ越し、過ごし方など、考え方や行動について詳しくお伝えしていきます。 天中殺を正しく理解していれば、何も恐れることはないですし、楽しんで生活していただけたらと思います。 まずは、天中殺ってなんなの?というところからお伝えしていきます。...

大運天中殺とは?平凡な人に巡る貴重な期間!

生きているうちに大運天中殺が来る方というのは、それまでの自分では考えられないほどの大きな成功をおさめる可能性が高いです。

それまでの自分の価値観をガラッと変えてしまうような、すごい幸運を手に入れることができるんです。

ただ、その成功をおさめるために、大運天中殺に入る前後5年のうちに、何かしらの苦しい出来事を体験する必要があります。

その苦しい出来事というのは、離婚、死別、倒産、事故、大病のようなことになります。

たとえば、2025年から大運天中殺に入るという方は、2020年から2030年の間に、何かしら、自分にとって苦しい出来事が起きる可能性があります。

その苦しい出来事がきっかけとなり、それまでの自分の価値観が180度変わったり、自分の正義感を手放したからこそ、成功をおさめることに繋がるのです。

苦しい出来事を体験せずに成功をおさめたい方は、ご自身の人生において、凝り固まっている価値観や正義というものを手放す努力をしましょう。

すごい幸運時期というのは、自身に苦しい出来事があってから、大運天中殺の終わる5年前ぐらいまでとなります。

この記事を読まれている方が、大運天中殺の終わる5年前ぐらいでしたら、この先に書く陽転陰転についての行動をしても、変わることはないとお考えください。

大運天中殺期間中は陽転または陰転する

大運天中殺中については、陽転する場合と陰転する場合と両極端です。

陽転とは、いろんな物事が自分の望み通りに進みやすくなることです。
お金がほしいと願えば、これまでに手にしたことのない大金を手に入れやすくなります。
物質面においても、欲しいと願ったものを手に入りやすくなります。

幸運が次から次へと降ってくる、という状態ですね。

逆に、陰転とは、あらゆる物事において自分の思い通りにならず、願ったことも叶わずに苦労が多くなるという状態です。

できることなら、陽転したいですよね。
陽転するにはどうしたら良いかということを次に書いていきます。

陰転陽転するにしても、基本的には、今までの常識は通用せず、想定外のことばかりが起こるようになります。

大運天中殺で陽転するためのオススメの過ごし方

大運天中殺がきたら何もしなくても成功する、ということは残念ながらありません。

幸運が降り掛かってくるように陽転するためには、具体的には下記2つのことが大事です。

・夢や目標を掲げて努力を続けること
・自分の実力を磨き、学び続けること
・お墓参りをしてご先祖様を大事にすること

そうすれば、素晴らしい人との出会いに恵まれますし、望むことがすべて叶うようになっていきます。

大運天中殺という強烈な運気の味方がついているので、その運気を最大限に活用すると良いですね。

とにかく前向きに、向上心を持って努力&勉強していきましょう。
そして、お墓参りをして、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えましょう。

人としてのステージが一段階も二段階も大きく上がります。

ステージが上がったら、大運天中殺の20年間が過ぎ去った後も、その運気は落ちることなく緩やかな上昇を続けていくでしょう。

 

もし、大運天中殺に入る前後5年の間に苦しいことが起きたくない人は、500キロ以上距離が離れた場所に引っ越しをするのも、1つの手です。

もちろん、家族がいて難しい、ということはあるでしょうから必須ではありません。
そのような回避方法がある、ということを頭の片隅に覚えていていただければと思います。

大運天中殺中の結婚について

大運天中殺が三巡目、四巡目(大体20代後半~40代前半の間ぐらい)に訪れる方は、まさに結婚適齢期の方。

大運天中殺中の結婚は大丈夫なのかご質問をいただくことが多いのですが、心配することはありません。

たとえば、30歳から大運天中殺に入る方は、30歳~44歳までに結婚することが吉となります。

大運天中殺の年から15年の間は、吉となるということです。

44歳~48歳の間に結婚すると、夫婦生活が壊れやすく、波乱が起きやすい期間ということになります。

44~48歳は、年運の2年の天中殺期間と同じだと思っていてください。

大運天中殺の影響を最も受けやすいのが30代40代50代

実は、大運天中殺が、何巡目に来るかということで、影響を受けやすい受けにくいという傾向があります。

それぞれの年代における特徴を書いていきますので、参考にしてくださいね。

10代前後(1巡目に大運天中殺がある方)に大運天中殺が来る方は、陰転しやすい傾向があります。お子さんを持つ方は、しっかりと支えてあげるようにしてくださいね。

20代前後(2巡目に大運天中殺がある方)は、大運天中殺の影響が遅れて出てくる傾向があります。たとえば、3歳~23歳で大運天中殺を抜けた!と思っても、実際には抜けていなくて、社会人になってから大運天中殺の影響を受けていることがあります。

そして、30代40代50代の方が、最も大運天中殺の影響を受けやすい方となります。

それはつまり、自分の人生の舵取りを、自分で決められる年代だから、ということです。

仕事も家庭も、何もかも、自分の裁量で決められます。
親からの指示で動いている、という方も、その親からの指示を受け入れて行動を決めているのはご自身です。

学生時代であれば、基本的には親から敷かれたレールの上を歩くことが決められていますが、社会人になったあとは自分でお金を稼ぎ、自分で何もかも決められる状況です。

30代40代50代に大運天中殺が来る方は、大運天中殺の影響を強く受けますから、陽転するように、価値観を変えていくことを意識してくださいね。

そして、60代以上の方は、社会人としての一線での活躍はしりぞいていて、体力的にも、活動力が弱まる時でもあり、大運天中殺の影響を受けにくいです。

ただし、大運天中殺に入る前後に、何かしらの悲しい出来事があって、それまでの価値観をガラッと大きく変えるようなことがあれば、陽転するケースがあります。

とはいっても、過剰な心配をせずにいてくださいね。

大運天中殺が生きているうちに廻ってこない場合

私の場合、大運天中殺がくるのは103歳以降となっています。
ですので、それまでには死んでいるだろうと思って気にしていません。

私のように、100歳を超えてから大運天中殺が来る方は、気にしなくて良いでしょう。

大運天中殺が廻ってこないという場合、大運天中殺のラッキーパワーがなくても成功できる力を持っているということになります。

私からみれば、大運天中殺が廻ってくる方が羨ましいです。
見えざる力が働き、大活躍できるのですから。

あの、有名な瀬戸内寂聴さんですが、あの方は、73~92歳の時に大運天中殺が訪れています。

73歳前後に何かしらの苦しい出来事があったかもしれません。
それを乗り越えて、価値観を大きく変えたのでしょう。
年を経てからの彼女の活動は、年齢を感じさせないほどに素晴らしい活躍をされています。

大運天中殺は素敵な幸運期♪

大運天中殺は、強力な運気の後押しをしてもらえる幸運期です。

大運天中殺がこれから訪れる方は、ご自身にとって、素晴らしいステージに上がることができる幸せな未来がやってくる♪と思っていてくださいね。

そして、大運天中殺中の方で、陰転しているなあと感じていらっしゃる方は、今からでも遅くはありません。

考え方を変えるように意識していってください。

過去に対して、何かしらの執着があったら手放してください。
執着のある物をお持ちでしたら捨ててください。

断捨離も効果的ですから、ぜひ陽転するように意識&行動を変えていくようにしていってくださいね。

より良い人生となりますように心からお祈りいたします。

ライン友だちを募集しています!

大森レナのラインを友だちに追加していただけたら嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。